取り扱い技工物(義歯)|院内ラボのような身近な歯科技工所、有限会社デンタルワークス

MENU

取り扱い技工物(義歯)

神奈川県横浜市の歯科技工所「デンタルワークス」 > 取り扱い技工物(義歯)

「外れにくい」「しっかり咬める」
「痛くない」入れ歯で患者様の生活をサポート

「外れにくい」「しっかり咬める」「痛くない」入れ歯で患者様の生活をサポート

患者様に合わせた精密な義歯(入れ歯)の製作なら、神奈川県横浜市の歯科技工所「デンタルワークス」にお任せください。当社では一人の技工士が一つの技工物を最初から最後まで責任を持って担当し、徹底した品質管理のもとでそれぞれの患者様に最適な義歯をお作りしています。

入れ歯は外れやすいもの、咬みにくいもの、痛いもの――。そんなふうに思い込んでいる患者様は多くいらっしゃいますが、咬み合わせなどを緻密に考慮しながら作製することで、「外れにくい」「しっかり咬める」「痛くない」入れ歯をご提供することができます。こちらのページでは、当社の取り扱い義歯についてご紹介します。

一般レジン床義歯

一般レジン床義歯

床の部分がレジンでできた、最も一般的な義歯です。保険が適用されるので患者様の自己負担額が抑えられるうえ、臭いや刺激が少なく、入れ歯の調整・修理がしやすいというメリットがあります。また、クラスプ・バーをコバルトにすることでコストを抑えることができます。

一方、レジンは熱が伝わりにくい素材のため、食事の際に食べ物の美味しさを十分に感じられないという欠点があります。また、強度を高めるためには厚く大きく作る必要があり、そのせいで装着時に違和感や痛みが生じることも。入れ歯の表面が傷つきやすく、汚れが付きやすいというのもレジン床義歯のデメリットです。

ノンクラスプデンチャー(エステショットブライト)

ノンクラスプデンチャー(エステショットブライト)

クラスプを使用しない、自費診療のパーシャルデンチャーです。歯肉に似た色の樹脂で作られているため仕上がりがとても自然で、入れ歯だと気づかれにくいのが一番の特徴。「見た目」が気になるという患者様におすすめできる入れ歯です。

床が歯肉にぴったりフィットするため違和感が生じにくく、食べ物が挟まりにくい、臭いが付きにくいといったメリットがあります。また、即時重合レジンが使用できるので院内でのリベースや増歯修理が可能です。

金属床義歯

金属床義歯

床の部分が金属で作られた入れ歯のこと。丈夫なので壊れにくく、レジンよりも薄く作れるため違和感が少ないのが特徴です。金属は熱を伝えやすいため、温かい食べ物や飲み物を美味しく感じることができます。エステショットと併用することが可能です。

金属床義歯

当社では、3種類の金属床を取り扱っております。それぞれの特徴は以下をご覧ください。

金(白金加金)

加工がしやすく、口腔内でも腐食しないため色が変わりません。金属ながら歯ぐきや歯にも優しく、経年劣化がほとんどないので長期的に安心して使用できる入れ歯としてご提案できます。素材が貴金属のため、費用が高額になるというのがデメリットです。

コバルトクロム

コバルトとクロムの合金で、金属床義歯のなかでは最もよく使われるタイプです。強度と柔軟性を兼ね備えており、金(白金加金)に比べると費用を抑えられます。加工しやすく熱を伝えやすいので、部分入れ歯にも使用できます。

チタン

軽くて強度があり、錆びにくいので長期間にわたって安全に使用できる金属です。人工骨や人工関節、人工歯根(インプラント)に用いられるほど生体親和性が高く、金属アレルギーが起こりにくいのが特徴。軽さの点から、特に上顎の入れ歯に適した素材といえます。


スリープスプリント(無呼吸症候群治療用)
スリープスプリント(無呼吸症候群治療用)

就寝時に着用し、下顎を前進させた状態を固定することにより、上気道の閉塞を防ぐ効果があります。夜間、寝るときに口に装着するだけなので、簡便ですぐに治療が始められます。

スポーツマウスガード
スプリント(スポーツタイプ)

スポーツマウスガードは装着することで選手の持つ本来の運動能力の発揮に役立つものです。当社では吸引成形器を採用しておりますので、より密着性の優れたスポーツマウスガードを製作することができます。色もさまざまなバリエーションのご用意がございます。

スプリント(ハード・ソフト)
スプリント(ハード・ソフト)

顎関節症の治療や咬合力の分散、顎の治療に使用されます。当社ではソフトとハードの2種類の硬さの素材を取り扱っております。

ホワイトニングトレー
ホワイトニングトレー

ホワイトニング用のブリーチングトレーです。

お口にぴったりの高品質な義歯(入れ歯)製作ならこちら
上に戻る